企画住宅研究所

企画住宅研究所とは?

注文住宅を建てた後に「あーすればよかった」と後悔することが意外と多いというのはご存知ですか?
注文住宅は、なんでも施主が決めることができる分、労力を費やし、
自分が思い描いた理想の家にするには、コストが上がり、あきらめなければいけないことが多くなります。
予算がいくらでもかけれる家づくりであれば、時間をかけて注文住宅をオーダーすることをお勧めしますが
住宅建築のプロが考え抜いた住宅を規格化する企画住宅は価格が安くすることができます。
洋服にも既製品があるように、企画住宅研究所ではデザインや性能にこだわり、
それぞれのコンセプトに基づいて、様々な商品住宅を開発しています。

スティーブ・ジョブズも愛した企画住宅

アメリカに、あのスティーブ・ジョブズも絶賛した家があります。
「彼の家はおしゃれで安く、よくできている。こぎれいなデザインとシンプルなセンスを低所得者人々にもたらした」
彼の家とはジョセフ・アイクラーのアイクラーホームズです。戦後の住宅不足を補うために生まれた企画住宅で、
安くて格好よくメンテナンスもしやすいと、爆発的に売れ、ジョブズも幼少期を過ごしたとされています。
ジョブズはこうも言っています。「すばらしいデザインとシンプルな機能を高価でない製品で
実現できたらいいなと思ってきた。それこそがアップルがスタートした時のビジョンだ」と。
興味深いのは、この企画住宅のコンセプトそのものが、その後、
数々の伝説を残したジョブズの起業化としての原点になっているといわれています。

商品ラインナップ

アクティブにこもる。

我が家にいるときがいちばんの遊びのチャンス!パパも私もこの週末のために頑張ることができる。
至福の時間。だって好きなものは全部ここにあるから。次の週末は友達を呼んで BBQ にしよう!
やりたいことが次から次に湧き出てくるのが悩みかな。

  • BARNS 1.5

    BARNS 1.5

    自然をつなぐ平屋ベース 1.5 階

  • BARNS 2.0

    BARNS 1.5

    ワイドデッキが楽しめる2階建て

  • HUMO

    HUMO

    2×4 を活かしたワイルドハウス

コンサバティブに街暮らし

高い断熱性により一年を通して快適に過ごせ、家そのものが呼吸し、
身体に優しい自然素材をできるだけ多く使うこと。
安心して生活ができるよう、耐震性や防火性など優れた住宅性能を持つこと。
環境に配慮しながら、都市で安心して健康に暮らせる家、それがBOTANICAL HAUS(ボタニカルハウス)です。

  • SEED

    SEED

    自然をつな街中暮らしの2階建て

  • ROOT

    ROOT

    大地に近い平屋建て